2016年2月23日火曜日

女性差別撤廃委員会(3)

日本審査


みなさん、イランカラテー!

さっそく今日は、わたしがジュネーブに着いてからの国連での様子をすこ〜しお伝えしたいと思います。

委員会の開会式が行われた15日には、 JNNC(Japan NGO Network for the Cedaw)と日弁連が主催したブライベートミーティングに参加しました。
プライベートミーティングリハーサルの様子

ここではじめて 委員の方々に直接 現状を訴えました。
スピーチでは 「アイヌ女性のための先住民族政策が欠如していること」を冒頭に述べ、昨日ブログで紹介したようなことを英語でお話ししました。

ミーティングで配分された時間はとても短かったですが、終了後も委員の方々はやさしく話を聞いてくれて 「マイノリティが抱える複合差別の大変さはよく分かるわ」とまで話してくれました。


午後には 同じ週に審査を受ける スウェーデン・モンゴル・アイスランドと合同の NGOブリーフィングを傍聴しました。
 そこでの日本に関する主な争点は、やはり 民法上の差別規定・慰安婦問題 でした。
マイノリティに関する話題は 放っておくとすぐに忘れられてしまう問題なので ロビー活動が欠かせない、ということを実感しました…




そして次の日に本審査があり、前日のNGOからの情報提供を前提に 委員と政府との質疑応答が行われました。

会議場の様子

審査が行われた会場には アイヌ民族の伝統衣服をきた私たち、現代の琉装、チマチョゴリを着た在日コリアン女性の方々、もちろん和服の方もいて… 「日本の多文化性」を垣間みましたよ〜^^

マイノリティ女性は積極的にロビー活動を行いました。
私たちアイヌ女性も 審査前や休憩中にロビー活動を行い、「マイノリティ女性として抱える問題先住民族政策としてのアイヌ女性への政策の欠如」を訴えました。
(実はここが明日の記事のポイントになるので 心に留めておいてください(笑))

議長や日本政府代表が座る席

 そのかいもあり、委員からは 10回もマイノリティ女性に関する質問や言及がありました。
日本政府はうまく回答していない点もありましたが、一番気になった部分だけご紹介したいと思います。


それは ガブール議長が 先住民族政策について質問してくれた時の日本政府の回答です。

それは「内閣官房に設置された アイヌ政策推進会議では14名の構成員のうち2名のアイヌ女性を登用しており、アイヌ女性の意見を取り入れながらアイヌ政策を進めています」
といったものでした。

これを聞くと 「えっ ちゃんとやっているじゃないか!」と思いますよね。

日本政府はどの国際舞台でも「アイヌ政策やってますアピール」を欠かしません(笑)

しかし重要なのは そのアイヌ政策推進会議で アイヌ女性の問題が議題として議論されているか です。形だけのジェンダーバランスだけで、「アピール材料」に使われて、がっかりしています。

日本政府は 前日のブログで紹介したような アイヌ女性に関する統計データを持っていません。

しかも 現行アイヌ政策の扇の要は文化施設の建設ですなんですよね?

だんだん みなさんと問題意識が共有できて来ているのではないかと思っていますよ^^

明日は本審査を経て見えた課題とこれからの展望についてお話ししたいと思います。

では スイ ウヌカアンロー!



0 件のコメント:

コメントを投稿