2015年5月10日日曜日

先住民族って?(1)

先住民族 と 少数民族 のちがい

みなさん、イランカラプテー!

ロイヤルベイビーで話題になっているイギリスですが、昨日は国政選挙が行われましたね〜。与党であった保守党がさらに28議席増やし単独過半数を獲得したということですが、個人的には スコットランド国民党(Scottish National Party)が 5 0 も議席増やしたことにより注目してしまいます!
スコットランド国民党

昨年の秋に スコットランドで独立をめぐる住民投票が行われたのは記憶に新しいですし、自治 や 民族自決について考えるきっかけなりました。
またいつかスコットランドのこともちゃんと調べて記事にしてみたいですね〜


さて、今日は 知っているようで知らない。だけど知らないと全くお話しにならないぐらい大切なお話をしてみたいと思います。

「先住民族」っていったいなに?

このブログでも「先住民族ってなんだろう」とか「先住民族アイヌ」とか単語だけを多用していましたが、今まできちんと整理してお話ししていませんでしたね。
ちょっと難しい話なので何回かに分けてお話ししたいと思います。


 「先住民族」とはどのような人々の事を指すのか。この議論をするときに欠かせないのが「少数民族」との比較です。ある民族が「少数民族」であるか「先住民族」であるかは、歴史においても、権利においても大きな違いがあります。

まず、「少数民族」というのは、自らの自由な意思や合意の上で、独立した地位や「民族自決権」を意識せず、国家に統合された人々だとされています。

例として簡単にあげるなら、米国、ブラジル・中南米等に自分で決意して移民としていった人々。そこの文化や政治、宗教を受け入れようと決意していった人たちは、そこの国の少数民族と言えるでしょう。
イメージ図

次に「先住民族」というのは、いかなる自由な意思や合意の確認もなく、その国家に編入されてしまった人々のことを指します。

異なる民族あるいは異なる文化集団が彼ら(先住民族)の先祖伝来の土地あるいは領土に一方的に入ってきて「侵略」、「征服」、「支配」、「植民」という不法かつ不正な手段により彼らの土地を取得し、彼らの権利もことごとく剥奪したのです。

先住民族で有名なのは…
アメリカのナバホ、チェロキー、ニュージーランドのマオリ、カナダのトリンギット、ディネ、北欧のサーミ、台湾のアミ… 民族名まで細かくあげたら切りがないですね。
そして もちろん日本のアイヌ!(笑)

あまり1回目からガンガン言って ひかれても困るので 今日は

「少数民族」と呼ばれる人間集団は 自らの意思で国家に編入され
「先住民族」と括られる人間集団は 強制的に国民国家に編入された

ということだけ覚えて帰ってください。(お笑い芸人さんみたい 笑)

次回(いつになるかは未定です)は その違いが引き起こす 権利 のちがいについて考えてみましょう!ひとつひとつ説明し理解し合うことが、明るい未来をつくる第一歩になると信じています。

では今日はこの辺で!スイウヌカラアンロー!



0 件のコメント:

コメントを投稿