2015年4月9日木曜日

北海道犬?アイヌ犬?

誰の立場から考えるか


みなさん、イランカラテー!

アイヌ・先住民族映画祭まであと23日となりました^^チケットのご予約はメールにて承りますよ〜

件名に 「予約/お名前」。本文に「お名前・人数・連絡先(携帯電話)」を記入し ainu_ips_filmfest@yahoo.co.jp  宛にお送りください。
たくさんのメールお待ちしております!


では 今日は彼についてお話ししたいと思っています。
じゃん!

ソフトバンクのCMキャラクターとしても起用されました この犬 !
「お父さん」とか「カイくん」という単語を聞いたことがある人も多いと思います。
左が柴犬 右が北海道犬

柴犬より二回りぐらい大きいこの犬は、一昔前はアイヌ犬と呼ばれていましたが 天然記念物に指定された時に「北海道犬」という呼名になりました。
いまでいう「北海道犬」は何千年という昔から、人為的に一切改良されず、その原始の姿を保ちアイヌの人々ともに生活をしてきました。

ちなみに 上の写真でも見て分かりますが…柴犬と北海道犬は大きさが全然違います!
北海道犬
牡:約48.5㎝(1尺6寸)上下各3㎝(上下各1寸)を含む。
牝:約45.5㎝(1尺5寸)上下各3㎝(上下各1寸)を含む。
柴犬
牡:39.5cm(38cm~41cmの間) 体重:9Kg~11Kg
牝:36.5cm(35cm~38cmの間) 体重:7Kg~9Kg
アイヌは、植民地化が進められる以前は 熊や鹿を獲って生活していましたから、家ごとに犬を飼って、共に狩りにでて時に使役犬として時に護身犬として、一緒に生活していました。
からだも大きくて、かっこいいですよね!
(北海道はカラスとかも本州より大きいですからね笑)

白老のポロトコタンでも 北海道犬 が飼われています^^ぜひ見に行ってみてください〜
北海道犬と遊ぶ滝川クリステルさん


 昔は アイヌ犬 と呼ばれていたのに 北海道犬 と呼ばれるようになったのはなぜか少し考えてみませんか?

私たちアイヌは、今「北海道犬」と呼ばれている犬を「セタ」と呼んでいました。
それを本州からきた移民が同じものを見て「あぁ アイヌの犬か。じゃあアイヌ犬と呼ぼう」という風に「アイヌ犬」と呼ぶようになったのです。

違う例もありますよ。いま行者ニンニクと呼ばれているこれ!
昔は「アイヌネギ」と呼ばれていたのを聞いたことがあるかもしれませんね。

これもアイヌ語では「プクサ」といいます。
本州にはないけれど、これも「おぉ、アイヌにとってはネギか。じゃあアイヌネギだな」と、和人(アイヌではない日本人)を中心に物事を考えていることが分かります。

名称ひとつとっても、「誰の目線から物事を見ているのか」が分かります。

例えば今でも良く聞く 北海道開拓 は 誰からみた言葉でしょうか。

ちょっと難しい話をしたかもしれませんね。
ですが分かってもらいたかったのは、物事はいつも多面的で ひとつの方向からしか物事を見れないようであれば、それは全体を理解したとは言えない ということです。

北海道犬を「セタ」って呼べ!行者ニンニクを「キトピロ」って呼んで!と言っている訳ではありませんけど、もともとの名前は違ったんだな〜ということだけでも頭の片隅にでも置いておいてくださいd(^_^o)

名前に関しての記事は、以前ロスリンさんもブログで紹介してくださったので、まだ読んでいない方は合わせて読んでみるとおもしろいかもしれませんね^^

では今日はこのへんで!またお会いしましょう♪スイウヌカラアンロー!



0 件のコメント:

コメントを投稿